読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ジャニオタがモー娘。コンに行くとブログを書きたくなる法則に則って

 

 

行ってきました、モーニング娘。'17コンサートツアー春【THE INSPIRATION!】!!!!!!!

 

3/18、昼の部 in パシフィコ横浜国立大ホール!!

 

 

 

いやぁ、、、ついに、やっと、待望の、ですよ……

 

 

しがないジャニオタがモーニング娘。を好きになって1年(経緯は既存記事にあります)、Twitterの情報、昔の映像、画面を通して視覚・聴覚に取り入れてきたものを、ついに直接自分の目に焼き付け耳に入れる時がやってきました。ここまで上げていいのか、と最早不安になるくらいかなりハードルを上げてこのコンサートを楽しみにしていたんです。

 

 

そもそも今まで女性アイドルは割と幅広く手を出していたとは思っていたんですが…。現場に行きたい行きたいと思いつつ、深いところまで足を突っ込む勇気が出ず、結局はよく足を運んでいたジャニーズに落ち着いてしまうという流れを何度も繰り返してきました。

 

 

そんな私が、なぜ、今、こんなにモーニング娘。にはハマったのか。

それは去年1年間自分のおかれた環境が何よりも一番影響してはいるんですがまぁなによりやっぱり実力の生歌、汗びっしょりになりながら全力で踊る姿なんですかね。

 

 

 

 

こうして3/18から始まった春ツアー、わたしが入ったのはその初日昼公演(まさかのセトリわからないまままの初参戦)

ということで曲名等々ネタバレはできない…のでツラツラと感想を述べようかと。

 

 

ただ、当日夜の自分のレポTLを見返す限り、曲名は出していないとはいえかなり構成に対する感想を抱きがちなので、、、どうしても自分で見るまでは見たくない!!という方はそっとUターンしてくださいな。

 

 

 --------------

 

 

 

 まず。

 

  

チケットから。まず、違う。

 

f:id:ei7_7mf:20170320131913j:image

 

 

 

 

 

 ……。

 

なんじゃこりゃかわえぇ!!!

(号泣)(封筒を開いた瞬間泣き崩れる)

(ウソちょっと盛った)

 

 

 

 

なんで…チケットに顔写真が載ってるの…どんだけ贅沢なん……なんで…こんなところでまで かわいいかわいいメンバーを堪能させてくれるの……最っ高じゃないの…

 

 

ジャニーズ界隈ではチケットまでもデジタル化してるこのご時世、このチケットはその日の思い出として残すには十分すぎるほどです。

 

 

 

そしてグッズ。

 f:id:ei7_7mf:20170320161900j:image

 

1年Twitterをやっていたのでクールハローとやらは把握しています、はい。笑

Tシャツ、うん。(察し)

 

 

 

 

ただ、それよりもMFT(マイクロファイバータオル)日替わり生写真とかの衝撃の方がかなり大きいです。

 

 

 

“どうして!?どうしてこんなにかわいいメンバーちゃんを大きいサイズで見ることができるの!?!?抱き枕行き確定じゃん!?!?ど、どうして……!?(動揺)”

 

 

“どうして!?どうして公演日の日付やメッセージ、イラスト、描いてくださっているの!?!?その労力、ありがとうが過ぎるよ菓子折り持って行こうか!?!?!(誰)”

 

 

 みたいな。

 

 

あとピンポスやコレ写、無駄に収集グセがあるオタクの購買意欲かなり駆り立てられるわね…w

 

 

 

 

 

そんなこんなしているうちに開場時間を過ぎあっという間に開演5分前に。

 

 

 

開演前の注意アナウンスを聞き、お姉さん『ジッ、インスピレーション』のtheの正確性にジワりながら開演を待ち、15時、会場全体が暗くなり、観客たちのはじまりに湧く声、様々な色のサイリウムが綺麗に光る光景、カメラの位置ではなく客席の一部になって見る、目の前に広がるその光景が、本当に嬉しかった〜〜(号泣き)

やっと観にくることができた〜(号泣き)

 

 

 

 

 

んでオープニング、前回ツアーのダイジェスト?回想シーン?みたいな映像が流れて、からの流れ星のような光の中からイタリアンレッドとゴールデンイエローの光が現れ、その下に白のマントを頭から被った二つの影が現れた瞬間、オタクの歓声も相まって鳥肌ブワッとなったしコンサートが始まってしまったことを実感してじわじわと涙目でした…

 

 

 

 

コンサート始まってからは、ほんっとうにあっという間で。ふくちゃんの「ここからはラストスパートです!」の煽り、本来ならさらに盛り上がるゾ!!ってところなはずなのに、正直、めっちゃくちゃ寂しかった。←

 

 

メドレーが2つだったり、1曲単体をフルでやるというより1ハーフ歌って曲と曲のつなぎ部分でメンバーが踊ったり、その2曲の音を組み合わせて段々変化させ、音だけでなくリズムも徐々に変化させていくなどしていて、非常に凝っていたな、と思いましたね。

 

 

モーニングは(というよりハロプロは?なのかな…)繋ぎに凝っているという話は以前から聞いてはいたんですけども、あまりにもスンナリというか、曲と曲がブツ切りじゃなくて。その潤滑性が全体のスピーディさをさらに増長させていたのかなぁという風に思いますね。

 

 

あとはツアー初公演だったのでどういう曲順でくるかも全く読めなかったこともあって、その、段々に変化していく音から自分で「この音はあの曲のイントロっぽいな…?」なんて頭を使いながら、推測しながら見ていたのもありますが、いやでもかなりあっという間だったな……(それしか言わんやん)

 

 

 

 

 

ていうか聞いてください。

本当にこれはもうどうしようもない悩みなんですけど。

 

 

 

 

目が足りない。(切実)

 

 

 

足りな、足りないよ目が……

 

 

 

 

全体を、全メンバーを満遍なく見れたらな、なんて最初は思ってたんですけど。結局推しカラーのペンライト振ってるとやっぱり推しを見てしまう、よね。(わかる)

 

うちわもね、自分が作ったメンバーの文字のうちわを持つとやっぱりそのメンバーばかり目で追っちゃう、よね。(わかる)(ジャニオタ)

 

 

 

 

てな感じで推しである生田衣梨奈ちゃんばかりを見ていたんですけども。

 

 

 

 

 

 

はぁぁ〜〜ああ!!!好きだな〜〜!!!!!!!(おおごえ)

 

 

 

もう、やっぱり好きだった。この子が好きなんだよ、この子が踊ってるのが…。(涙)

 

 

身体の動かし方は全体として大きめで髪もバサバサッとして。でも細かい手の振りだったり、肩や細かく動かす振り付けも俊敏な動きをしていて、大胆でいて繊細。それが彼女のダンスの魅力だと思っています。

 

 

 

新曲のジェラジェララップ部分を見たりしていても、腕の広げ方とかがストリート系ダンスぽくて。見た目的にもかなり現代っ子風なダンスがお似合いだな、と勝手に心の中で思っていたので、今のダンスの踊り方が彼女自身にしっくりキテるなぁ、と思ってます(わたし的には!)

 

ジェラジェラのラップ

『キッ …カァーイ!』

の切り替えのところ、あれ最高ですよね。

 

 

 

 

 

あとえりぽん身体柔らかい?というか身体の節々の可動域が広くて。特に下半身。

 

わたし、えりぽんの蹴りを生で見るまでオタク人生終われねぇ!ってずっと言ってきたんですよわたし。

 

 

そしてなんと今回のセトリ。

 

そんな足蹴り。

 

かなりやってた。

 

 

…くぅ〜!!これでしねるなら本望〜〜ッ!(バタッ

って。言ってた。心の声が。(心の声)

 

 

 

あとある曲の「上からのそのフレーズ」のところ(伏せる気ゼロかよ)、腰というかお尻の動かし方、エゲツない。(瀕死)

 

軟体動物なのかな??と疑うぐらいのソレなので是非過去の歌番組などで見て欲しいですね〜〜シブヤノオトとか写ってます〜〜スゴイスキ。

 

 

 

 

今回のセトリがバキバキクール系が多いのか、はたまた自分が双眼鏡を覗いていた時が常にバキバキクールだったのか。

目を細めて顎を少し上にあげて色っぽい表情や、軽く目を合わせただけで自分から気絶しにいってしまいたくなるほど綺麗な顔立ちをこれでもかと有効利用したクールな表情、かなりオトナっぽい表情をしている時がたくさんあって…。流石もうすぐハタチのオネエサマ、だなぁ…

 

 

 

と思いきや最後の方の割とフリーな曲では自分のほっぺに指ぶっさしてぷにーっとしてたりぶりっ子ポーズ取ったりしていて

 

君って子は本当に…かわいいな…(ブンブンッ

 

としっかりギャップにやられてしまいました。

 

 

 

えりぽんぶりっ子タイム、みたいなの、ある、じゃないですかたまに。あの、くどいな〜フフフなんてちょっと思ってたんですけど(ちょっとだけね)、アレ、かわいいよね(単純)

 

この間ドラマで『みみか』という最上級にぶりっ子な役をえりぽんが演じて以来、振り付けの端々から『みみか』を感じてしまいがち。

 

 

 

 

 

 

えりぽん、ソロパート普通にあるね???←

もう歌苦手を大々的にネタにする時代も過去のことでは?…わたしは生田さんの落ち着いた声の出し方もロック系でガナリ入れた声の出し方もラップもとてもとても好き、ダカラ…もっと聴きたい…

 

 

 

 

譜久村聖ちゃん、最初の衣装の王冠に早々に髪の毛が引っかかっていて猫っ毛〜…となった(かわいい)髪飾りプチトラブルありがちだよね、MC中になおしがちだよね、そんな君もかわいいよ(盲目)

 

再三言ってきたんですけども譜久村さんの歌声が今まで見てきたアイドルの中でも1位2位を争うほどに好きなんです。

曲の歌詞に合わせて声色を変えるふくちゃんはまさに声の宝石箱や〜、みたいな存在。(そう)

 

 

でもそれだけでなく、やはり生で、画面で抜かれないところまで自分の目で見ると、歌声だけでなく表情とかも、曲によって大きく変えているんだな、と再発見しましたね。

特にふくちゃんのソロパートは折しも“なんかわからん悲しさ”を持つ歌詞に多い気がしていて、だからか切なさを表す顔と声の作り方は流石の譜久村だな、と脱帽しました、帽子被ってなかったけど。

 

 

それでもやっぱり今回のセトリで一番印象が強くて大好きなふくちゃんの声は『カ』〜ンパイ!Baby!!!

 

 

 

 

あと石田亜佑美ちゃん、画像を使った大喜利MCの時の仕切りがとても元気ハツラツで、とてもツッコむ気マンマンな感じだったの、あれ可愛すぎるわ…

 

特に小田ちゃんが画像への回答として「石田さんに逆らったらこうなる!」と言われ、“何故か顔を赤らめて”「小田あとでこうなるからなァ!」と言っていた石田さん、とても楽しそうでしたね、石田さん。

 

 

 

 

 

 

“AAAが相変わらずAAAだったな〜”とか、“はーちぇるまさかの不仲?!笑”とか、これ以上細かく話していくとネタバレ限度に達してしまうのでここらへんで抑えておこうと思いますが、、!

 

 

 

 

初めてモーニング娘。のコンサートへ行った、今回の経験を通して思ったこと

 

最近ファンになった分、昔のえりぽんの踊り方からの成長を見守ってきたわけではないし、なんとなく負い目を感じてしまう時があります。けど、最近ファンになったからこそ逆に、今のえりぽんが“9期として一番上の立場になって後輩の手本になる必要がある”とか“もっと自分を高めていこう”と思いたって色々なところから吸収して自分のものにした結果としての今のダンスや表情が、わたしが生田衣梨奈という存在を好きになる原点、キッカケとなっていて。

 

これからもっともっと本人は高みを目指していってくれるだろうし、そう思うと、なんだか自分自身も、色々と頑張らなきゃいけないな、と思わせられ、勇気や活力を貰えた、そんなコンサートだったなぁ、なんて思いますね。

 

もっと生田衣梨奈のダンスが見たい!そう思わせてくれた初コンサートでした。今度はおそらく5月の武道館、このツアーを通してさらに進化した13人のモーニング娘。'17を期待するばかりです。

 

13人全員で怪我なく無事に乗りきれますように。